1、はじめに

経営をする中で、
非常に重要なのが集客です。
 
企業内容にもよりますが、すべての企業に当てはまることであり
しっかり集客ができなければ売上を伸ばすことができません。
 
今回は、なぜ集客が重要なのか
また集客の方法などについて紹介します。
 
 

2、なぜ集客が必要なのか

 
集客は、どの企業においても 必ず必要になってきます。
 
一般の方は、良いものを作れば売れるのではないかと思いがちです。
 
確かに、商品を売る際にその商品の良し悪しで
売上が伸びるのも事実です。
 
しかし、企業の中にはどんなに良いものを作っていても、
集客がうまくいかずに、物が売れないと困っていることもよくあります。
 
それは、ものだけではなくサービスであっても同じことです。
 
どんなに企業が素晴らしいものであっても知名度や認知度がなければ
集客することはできません。
 
日本企業の集客で売上が伸び悩んでいる多くは
集客力や集客方法を知らないからです。
ほとんどの日本企業はこのような中小企業で支えられている
と言っても過言ではないでしょう。
 
 
しかし、今日本を代表する大企業も初めから大企業だったわけではありません。
 
会社が小規模だった時期があり、売上に結びつくような集客がしっかりと
できた結果、大企業までに成長したと言ってよいでしょう。
 
大前提は、企業の商品やサービスなど、顧客に提示するものを
素晴らしいものに仕上げておかないといけませんが、
そのことに自信がある企業であれば、
次は集客をしっかりして
自分たちの自慢できる物をアピールするためのきっかけを
作り上げなければならないのです。
 
 

3、集客ができればどれだけ違うのか

 
集客がしっかりできれば、
経営に困ることはないでしょう。 
 
例えば小さな飲食店を開いたとします。
土地の値段を考えて、人通りの少ない場所にオープンしたとします。
 
そこのお店が、どんなに美味しいお店であっても、
その場所に客がたどり着けなければ、意味がありません。
一般的な集客をするために、駅前に行ってビラ配りをして
自分の店に来てもらうように宣伝をします。
 
しかし、ほとんどのビラは、受け取ってもらえず、
また受け取ってもらっても、店に来る可能性は非常に少ないのが現実です。
 
ある時、そのお店がたまたまテレビで取り上げられると
瞬く間に人気店へ と変わって行くのです。
 
もちろんお店自体の味は今まで通りです。
 
しかし、テレビでほんの数秒自分のお店が紹介されるだけで
信頼のある認知度が高まった、知名度が上がった結果
店の環境はガラリと変わるのです。 
 
 
一般的には、テレビで取り上げられることは非常に難しいことですが
その方法に準じた集客を考え、実行すれば売上を伸ばすことも
可能だということがわかるでしょう。
 
もちろん、小さなお店であればあるほどできる集客は限られています。
しかし今では、インターネットや集客方法について協力してもらえる団体もあります。 
 
次は、どのような集客方法があるのか考えてみたいと思います。
 

4、一般的な集客方法とは

一般的な集客方法はいくつかあります。
そのいくつかを紹介します。
 

1、ビラ配り

先ほども紹介しましたが、基本的な集客方法の一つです。
大企業であっても自分の会社名や商品、
サービスを知ってもらうために 
大きな駅で配っていることが多いです。
 
普通のビラは受け取ってもらえないので、
ティッシュやボールペンなど
付加価値をつけて受け取ってもらうように工夫をしています。
 
ビラ配りは、受け取ってもらわなければ意味がないと持っている方も
多いと思いますが、
例えば、配ったティッシュが会社名が入っていた時に
そのティッシュを使用した際に、
周りにいる人にも社名が目に入ります。
 
そのことで大きな宣伝になっているのです。
 
最近ではビラ配りも非常に進化をしています。
例えばビラ配りをしている場所の近くで、
小さな説明会を用意をして
その説明会に参加してもらうという方法をとる企業も多くなりました。
 
ビラ配りで、興味のある人を見分け、
その中から説明会に
参加する人を選んでいるのです。
その説明会に参加させて、
顧客になれば非常に大きな売上に
つながります。
 

2、インターネットの集客

 
最近ではインターネットの集客も増えています。
インターネットは、非常に有効な集客方法です。
 
通常だと集客には人件費がかかります。
 
集客をしようと思えば思うほどその人件費は、
大きくなり上手く集客ができないと、
売上を圧迫する恐れもありますが
インターネットであれば、一度広告を作ってしまえば
集客をすることができます。
 
しかしどんなものでも良いというわけではありません。
 
インターネットの集客も色々な方法がありますが
 
例えば、ホームページなどは
インターネットにおける集客の
基本になります。
 
非常に魅力的なホームページを作ることで、
企業イメージを伝えることができ、向上にもつながります。
 
そのホームページで実際に集客をするような試みを
するのも一つの方法です。
 
大きなイベントを用意して、お客様に呼びかけるのです。
 
過去に行ったイベントであれば、そのイベントの
参加者の楽しい雰囲気がわかる写真や動画を
載せることで、あなたの顧客を獲得することができるでしょう。
 
他にもホームページ上に
自分の企業の広告を載せることもできます。
 
インターネット利用することで、それほどお金をかけなくても
集客することができるので、インターネットを上手に活用することが
経営を上手くする一つの方法になっています。 
 
 

まとめ

他にも集客方法は数多くあります。
時代の変化で集客方法は変化しますが本質は変わりません。
SNSも最近では主流になりました。
どの集客方法が良いか、企業の大きさや特色に合わせて
集客方法を学んでいく必要があります。

【濱田将士のプロフィール】

濱田将士(HAMADA MASASHI

株式会社アドバンスシフト代表取締役社長。経営コンサルタント。集客コンサルタント。ビジネスモデルプロデューサー。

大学卒業後、日本最大級の経営コンサルティング会社である株式会社船井総合研究所に入社。その後、2013年に独立し、経営コンサルティング会社、株式会社アドバンスシフトを設立。

著書にアマゾンマーケティングランキング1位を獲得した10年後もつきあってくれる新規の顧客をゼロから育てるマーケティング(総合法令出版)』がある。

■コンサルティング実績

これまでに全国で161社の業績アップコンサルティング、61店舗の立ち上げプロデュースを行う。

フィットネス スイミング 介護施設 リサイクルショップ パチンコ お土産屋 旅館 家具屋 アパレルショップ 飲食 酒屋 ホテル 保険代理店 占い師 カウンセラー 経営コンサルティング業 エステティックサロン 病院 クリニック 歯科 カーディラー ネイルサロン ホットヨガスタジオ パーソナルジム コーチング 一般社団法人 放課後等デイサービス デイサービス リハ特化デイサービス 美容室など今までに33業種に携わる。

新規顧客獲得のコンサルティングを多数手がける。 対象とする企業は、年商3000万円規模の小企業から、東証一部上場企業まで幅広い。

濱田将士のコンサルティング

■ セミナー・講演実績

講演やセミナーで、毎年約500名以上の経営者に講演を行っている。経験に裏付けられ、事例を公開しながら伝える講演では、「やることが明確になった」「即効力がある」と大好評を得ている。

【講演実績】

HFJ2011様、HFJ2012様、HFJ2013様、HFJ2014様、岐阜県スイミングクラブ協会様、北陸スイミングクラブ協会様、北陸フィットネスクラブ協会様、北海道スポーツ連絡協会様、有限会社感動セールスサポート様、カルチャースクールアクロスモール守谷様、i-step株式会社様、SPORTEC2016、トヨタカローラ和歌山様、レイズワン様、株式会社メディケアソリューション様、桜泳スイミンググループ九州地区連絡協議会様、ジョンソンヘルステックジャパン株式会社様、SPORTEC2017WellnessLifeEXPO2017、日本スイミングクラブ協会様、株式会社ビジネスバンクグループ様、プレジデントアカデミー様、SPORTEC2018、SPORTEC WEST2018 などがある。

濱田将士の今後のセミナー予定

濵田将士へのセミナー・講演依頼

メディア

弊社では、取材受付やメディアへの寄稿などを積極的に行なっております。ぜひお声がけくださいませ。

主なマスコミ掲載履歴

  • フィットネスビジネス誌
  • クラブパートナー
  • NEWSポストセブン(掲載記事は、こちら
  • 日経MJ
  • THE21オンライン(掲載記事は、こちら
  • 日本スイミングクラブ協会 SC協ニュース
取材について問合せをする。