イイ商品であっても、お客さんは買ってくれない

コラム 業績アップのネタ帳

はじめに

起業してまだ日が浅い会社・能力はあるのに、
なかなか世の中に名前が知れ渡らない会社は意外なほど多いものです。
 
「企業のネームバリューを上げたい」
「ブランド力を高めたい」と、
思ったら集客力を上げることが大切です。
 
集客力をアップさせることによって企業の名前を、
より多くのお客さんに知ってもらうことができます。
 

イイ商品であっても、お客さんは買ってくれない

どんなに優れた商品を売っていても、
会社の集客力が著しく低ければ
モノやサービスが売れることはまずありません。
 
一方でそこそこの商品やサービスなのに、
集客力が高い企業は面白いくらい
自社のサービスやモノを売りまくることができます。
 
「優秀な商品を作ったら、
必ずお客さんは付いてきてくれるだろう」
と、経営者の方たちが思うのは、
的を射ているようで実は遠回りの道のりになります。
 
イイ商品やサービスを生み出すのはとても大切なことですが、
そればかりに神経が集中してしまうと
、結果的に企業のブランド力を伸ばすことはできなくなります。
 
「頑張っているのに、お客さんの数が増えない」
「良いサービスを開発したのに、いまひとつ受注数が上がらない」
このようにスランプに陥っているのであれば、
まずは集客力をアップする方法を、
商品開発と同時並行しておこなうことが大切です。
 

売れる会社になる、魔法のメソッドとは?

業績の良い会社になるためには、
集客力が大切だと書きました。
 
では具体的に企業の集客力を上げるためには、
どのようなハウツーをおこなえば良いのでしょうか。
 

1、マイナスとプラス、両方を正しく見る

会社の経営にたずさわっていると、
どうしても自社の良いところばかりに目がいってしまいがちです。
 
日本の企業の中には、
実際には多額の負債を抱えているにも関わらず、
目先の売り上げばかりに気を取られているケースも少なくありません。
 
目先の利益ばかりに気を取られて
一喜一憂していると企業の全体像が見通せなくなり、
いまの正しい立ち位置を見失ってしまうことにつながります。
 
こうした負のスパイラルに陥らないためにも
「会社を、客観的に見ること」
「会社のレベルをお客さん視点であげること」
が重要になります。
 
客観的に見るということは、
プラスの側面だけではなく、
マイナスの側面もきちんとジャッジしてあげるということ。
 
臭いものには蓋をしろ…の考え方を捨てて、
あえてマイナスの部分に着目することで
「現在の問題点」が見えてくることがあるからです。
 
いまの企業体制を変えたい、
売れる会社にギアチェンジしたいと思ったら、
まずはプラスとマイナス両方の側面を正しく認識して分析してあげること。
 
その日1日の業績を見るのではなく、
長期的なスパンで企業の経営体質について思いを
めぐらせてあげることが重要になります。
 

2、時流に合っているか、考える

良いものを作ることと、集客力は別物だ。
という話をお伝えしました。
 
こだわりの商品を作っているのに
モノやサービスが売れないと感じるのは
「時代のニーズと商品がマッチしていないから」です。
 
どんなに優れた商品を作っていても、
その時代を生きる消費者にとって
「魅力を感じる商品」でなければ
手に取ってもらえず、
買ってもらうこともありません。
 
ここで一例をあげてみたいと思います。
地方都市にある、
とある老舗企業の看板商品であるまんじゅうが、
ある時期を境にいっこうに売れなくなりました。
 
困った経営者は、
このまままんじゅうを作り続ける方が良いのか、
はたまた店の看板を下ろす方が
良いのかアタマを抱えてしまったそうです。
 
思い悩んだ末にたどり着いたのが、マーケティング。
 
実際の消費者の声に耳を傾けながら、
どうしてまんじゅうが嫌いなのか、
どんなスイーツだったら食べてみたいのかイチから考えてみたそうです。
その結果たどり着いたのが、とある有名イラストレーターとのコラボ商品。
 
まんじゅうのサイズはひと回りコンパクトにし、
女性がつまみやすい大きさに。
まんじゅうのパッケージはインスタ映えする今風のオシャレなデザインに変えました。
 
味や中身はそっくり前のままだったのですが、
時代の声に合わせた商品のリニューアルをおこなうことによって、
見事に老舗和菓子企業は息を吹き返しました。
 
この結果からいえることは、
売れる商品を作りたかったら時代の声にきちんと耳を傾けてあげること。
その時代にマッチした商品を作り出すことが、集客力を上げる秘策になります。
 

3、ライバル企業をリサーチする

集客力をアップさせるためには、
同業他社の動向を正しく知っておくことも必要です。
 
たとえば地方都市に新たなテナント店をオープンする場合、
その土地でどんな企業が奮闘していてどのような活動をおこなっているのか
具体的な成功例を知ることは、おおきなチャンスとなります。
 
ライバルの動向を探ることは
「自分の会社にとって、どんなコトが強みなのか」
結果的に自社の武器を正しく知ることにもつながります。
情報を正しく分析してモノにすることが、
集客力アップの大切なヒントなのです。
 

本日の宿題

同業他社のSNSを3社分チェックしてみましょう!
 

参考
https://hiroshima.keizai.biz/headline/483/

関連記事

SPORTEC2019セミナー

特別ノウハウ動画プレゼント中

経営や仕事、集客に
必要な7つのコンセプトを
7回に分けてあなたの
メールアドレスにお届けします。

講座1:成功の3条件+1
講座2:商売はたった3つのポイント
講座3:価値はお客様の頭の中
講座4:集客は7つの階段
講座5:見込客を集める方法
講座6:マインドセットが全て
講座7:TTPが成功の鍵



*メールアドレス(PCアドレス)
*お名前(姓・名)

それでは、これからどうぞよろしくお願いします。

受付開始!フィットネス経営実践会

受付開始!フィットネス経営実践会

受付開始!スイミング経営実践会

受付開始!スイミング経営実践会

定期セミナー

定期セミナー

濵田将士の公式ブログ

濵田将士の公式ブログ

濱田の公式ブログ【ダイナミック進化】です。

Error: Feed has an error or is not valid

業績3倍プロジェクト

業績3倍プロジェクト

 
結果に直結するノウハウを惜しみなく公開している秘密の会員制コミュニティです。
  
濱田の最新ノウハウや一般できない心理学などをシェアしています。
毎月 6,700円で参加できる会員制コミュニティです。
詳細は、こちらをクリックしてください。

◆最新コンテンツ一覧

※上記は、3倍プロジェクトの会員制サイトとなります。視聴には、登録が必要です。

トップマネージャー養成スクール

トップマネージャー養成スクール

新規の顧客をゼロから育てるマーケティング(総合法令出版社)

新規の顧客をゼロから育てるマーケティング(総合法令出版社)