インターネットの広告活用次第で運用が劇的にかわる

コラム 業績アップのネタ帳

はじめに

全ての経営にとって、広告は売上を上げるための大切な手段です。
広告を上手に活用することによって、大幅に業績を伸ばして
大きくした企業もたくさんあります。
それだけ広告は、企業にとって武器になるので
広告を打つ際には、どの企業も工夫を凝らしていますが
最近では、インターネットの発達と共に、広告の表現方法も
ずいぶん変わってきました。
今回は、 インターネットの広告活動、広告の移り変わりについて
紹介したいと思います。

1、広告の移り変わり

広告の歴史は古く、説は色々とありますがエジプトのテーべ遺跡に
広告の痕跡が残っています。
そしてインターネットが普及する前は、新聞や雑誌、テレビやラジオ
配布物など目に届くもの全てに、広告が出されていました。
広告は、時に人の心を動かして、人を操ることさえできる
非常に力のあるものです。
ですから広告とは芸術に似た表現方法なのかもしれません。
そして現在、新しい表現方法としてインターネット上での
広告に移り変わってきました。

2、広告の問題

企業にとっての広告の問題点は、広告には多額のお金が
かかるということです。
広告に組み込まれている企業の狙い通りの戦略が
うまく目にした人に伝われば良いのですが
失敗すれば多額の損失を被ってしまいます。
絶対に成功すると過信して大きな広告を売ってしまった結果
大きな赤字を抱えてしまい、潰れてしまった例も
あります。
ですから広告は、企業にとって薬にもなりますが
使い方を誤れば、毒にもなってしまうのです。
また、企業が狙った戦略とは違って広告が
人々に広まってしまうこともあります。
例えば、 CM なのであるポーズが人種差別に
つながるのではないかという問題が持ち上がってしまい
企業自体が非常にマイナスイメージを被ってしまったという例です。
企業は、良い印象を人々に与えようと思ったとしても
受け取った側は、不快に思うことも多々あるのです。
そういった意味でも広告は非常に難しい表現方法なのです。

3、インターネット広告の利用

インターネット広告のメリットは、広告のデメリットを
補っています。
広告は、非常に費用がかかるので
大規模な広告が出せる会社は限られてしまいます。
しかしインターネット広告であれば、中小企業や
個人起業家であっても、少量の金額で広告を出すことが
できるのです。
また、現在では一般メディアよりも
インターネットの方が注目されている部分もあるので
インターネット広告の影響力はこれからもっと大きく
なるのではないでしょうか。
特に YouTube の存在は大きいです。
YouTube を利用して番組を作るユーチューバーは
自分の番組の中で、いろんな企業の商品を紹介して
大きな収入を得ています。
ユーチューバーの存在は
芸能人の存在よりも上回ることもあり、
無視できない存在なっています。
このことからもわかるように、今まではテレビやラジオなどで
紹介されていた広告が、今やインターネットの方が
非常に大きな影響を与えていることが分かると思います。

4、 インターネット広告の活動で運営が決まる

今までのメディアを使った広告よりも
インターネットを使った広告の方が影響力が
大きいなりつつある現在、インターネット広告の利用で
運営の将来が決まってしまうということも言えるのではないでしょうか。
インターネット広告の方が、色々なパターンもありますし
自分に合った方法で広告を流すことができるので
非常に有効です。
例えば、 ユーチューバーに企業の商品を紹介してもらう
のも良いですが、 YouTube を使って企業が動画を撮って
流すという方法もあります。
これはお金がかからないので、非常に有効です。
また、 YouTube で流れる動画は、何秒かに一回
広告がありますし、動画が流れる前も
動画が流れます。
それぞれ、料金は違いますが手段を選ぶことができるので
非常に便利です。
また YouTube を使わなくても、企業でブログを作ることも
できますし、インターネットで検索する際に
上部やサイドに企業の広告を載せることもできます。
今までのメディアでは一方向の広告の表現方法も
インターネット上では、広告の表現がとても多く
しかも、低額でできるので非常に有効なのです。
インターネット広告を上手く利用すれば、どんな小さな企業だっても
大企業と負けないくらの広告を打ち出すことができるかもしれません。

5、インターネット広告はなんでもいいわけではない

インターネット広告はとてもメリットのある
新しい広告スタイルであることは間違いありません。
しかしインターネット広告を出したからと言って
必ずしも、思い描くような見返りがあるかといえば
そんなに甘いものでないということも知っておかなければならない
事実です。
やはり広告なので、そこに企業の表現したいものがしっかりと
なければ人々に影響を与えることはないのです。
ですからインターネット広告を打ち出す前に
よく考えなければならないでしょう。

まとめ

広告はこれからも進化を続けるでしょう。
運営は非常に大変なことですが、広告を上手く利用すれば
難しい運営を波にのせることが可能にかもしれません。
まだまだインターネット上も、未知の部分が多いですが
それをマイナスと捉えず、常にプラスに捉えることで
新たなビジネスチャンスも生まれるかもしれません。

関連記事

SPORTEC2019セミナー

特別ノウハウ動画プレゼント中

経営や仕事、集客に
必要な7つのコンセプトを
7回に分けてあなたの
メールアドレスにお届けします。

講座1:成功の3条件+1
講座2:商売はたった3つのポイント
講座3:価値はお客様の頭の中
講座4:集客は7つの階段
講座5:見込客を集める方法
講座6:マインドセットが全て
講座7:TTPが成功の鍵



*メールアドレス(PCアドレス)
*お名前(姓・名)

それでは、これからどうぞよろしくお願いします。

受付開始!フィットネス経営実践会

受付開始!フィットネス経営実践会

受付開始!スイミング経営実践会

受付開始!スイミング経営実践会

定期セミナー

定期セミナー

濵田将士の公式ブログ

濵田将士の公式ブログ

濱田の公式ブログ【ダイナミック進化】です。

Error: Feed has an error or is not valid

業績3倍プロジェクト

業績3倍プロジェクト

 
結果に直結するノウハウを惜しみなく公開している秘密の会員制コミュニティです。
  
濱田の最新ノウハウや一般できない心理学などをシェアしています。
毎月 6,700円で参加できる会員制コミュニティです。
詳細は、こちらをクリックしてください。

◆最新コンテンツ一覧

※上記は、3倍プロジェクトの会員制サイトとなります。視聴には、登録が必要です。

トップマネージャー養成スクール

トップマネージャー養成スクール

新規の顧客をゼロから育てるマーケティング(総合法令出版社)

新規の顧客をゼロから育てるマーケティング(総合法令出版社)