はじめに

国内でも海外でもマーケティングの方法にはいろいろあります。
マーケティングの方法や販促、広告について
知ることで集客方法などを
効率よく行っていくことができます。
 
その中でも今回は、
インターネットを用いた
ウェブ集客についてお伝えします。

ウェブ集客

基本的な考え方

集客コンサルタントの仕事は
クライアントが売りたいものやサービスと対峙して

  • 対象客はどこにすべきか
  • 対象客に受け入れられるようにするためにどうすることができるのか
  • どのような販売戦力ができるのか

などを考えることになります。

ウェブ集客の種類について

ウェブ集客を行う際に、
考えなければならないのが、
無料で時間をかけて集客するのか
有料で広告を出して、短期間で一気に集客するのか
ですが、
まずは、テストマーケティングの意味も込めて
有料で広告を出す方法をオススメします。
 
そして、そのあと、反応が見られれば、
広告と並行して、無料で長期的に集客に
使えるように育てていくべきです。
 

広告の2つの種類

広告を表示される場所は大きく分けて2箇所あります。

  1. Googleやyahooの検索結果の上部にする(PPC)
  2. ニュースサイトやブログに表示する(ディスプレイ広告)

方法です。

↑Googleやyahooの検索結果の上部にする(PPC)

 

↑ニュースサイトやブログに表示する(ディスプレイ広告)

 
一般的には先に連動広告(PPC)を行い、
次に、ディスプレイ広告を試す場合が多いです。
 

連動広告(PPC)について

Googleの場合は検索結果の上部に4つ広告が出てきます。
見出しと説明文が表示されて
設定によっては

  • 住所
  • 電話番号
  • サービス内容

を表示させることができます。
また、Googleであれば提携している大手ニュースサイトから
個人のブログまで幅広く広告を表示させることができます。
 

ディスプレイ広告について

ディスプレイ広告であれば
バナーと呼ばれる画像か文字などを
利用して相手に目を引く方法を取ることができます。
 
※このディスプレイ広告はある一定のPV(見てくれている人の数)が必要なので、先にPPCでPVを稼がないと機能しません!
 

ウェブ広告の費用について

インターネット広告の場合はクリックされて費用がかかります。
そのため、初期費用や月額使用料などは一切かからずに
クリックされた費用のみが実質の費用となります。(先に入金ですが・・)
 
クリックで支払うお金については、
入札制になっています。
 
例えば、『ダイエット』のようなビッグワードでは、
クリックするだけで数百円かかるようなものもありますし、
『痩せたらご褒美ダイエット』というような
絞り込んだワードであれば20円程度でいけます。
 
そして、クリックされてから実際の売上に変わる割合を
コンバージョンと言いますが、
コンバージョン率が高いページを持たなければ、
広告費が無駄金になってしまいます。
 
そのため、費用対効果の改善方法を行う必要があります。
 
例えば、配信方法を商圏に設定して
配信時間を設定すること
広告文の強みを強調して想定したユーザーを流入させること
ホームページを改善してメリットが理解しやすいレイアウト
必要最低限の問い合わせフォームに変更するなど
改善させていくことが必要になります。
 

具体的には

もし旅行代理店がタイ人向けに販売強化するために
ウェブマーケティングを行うなら
いくつかの点を考慮できます。
タイ人集客においては

  • エリアの認知度が低い
  • 旅行代理店の認知度が低い
  • 広告にかけられる予算が限られている

といった問題があるなら
その問題を解決できるように対策を講じます。
 
ウェブサイトに英語や中国語などはあっても
タイ語には対応しておらず
ツアーの予約機能も項目が多いなら
タイのユーザーは離脱するといった問題が考慮できます。
 
ウェブをすぐに改善するのは難しいところもあるため
この場合は対策を2つ講じて
そのエリアに旅行したいと思うニーズを確実に獲得すること
その認知度向上施策の実施を行うように的を絞ることができます。
 
そのためには、リスティング広告や
Googleディスプレイネットワークを実施したり、
サイト内の分析が必要となります。
 
タイ人は行きたい場所をネットで検索したときに
上位に表示された旅行代理店を複数比較して
価格の安さや信頼性を確認します。
 
そのため、タイのネットユーザーは、
ほぼGoogleを使用して検索をする
という情報があり、リスティング広告で
キーワードのメインを「旅行」や「ツアー」などに固定して
検索の対策を講じることができます。
 
また、テキストのリスティング広告だけでなく
Googleディスプレイネットワークを利用して
広告を配信する媒体を絞り込むことができます。
こうすることで広告の配信が効率よく行うことができます。
 
そして、予約する際に他のサイトと比較して
自分のサイトを離脱してしまう問題を解決するため
リマーケティングを行うことができます。
 
リマーケティングはGoogleのサービスで
自社のサイトに訪れたユーザーが
別のサイトに行っても自社のサイトに戻るように
促すことができる広告になります。
 
サイトに訪れたページに応じて
配信知るバナー広告を変えることで広告の効果を向上できます。
 
離脱しやすいページや
予約フォームでユーザーがどこが離脱しやすいのか
タイ向けの商品を開発するためのアイデア
アリア別の分析などを行って、改善を図ることができます。
このようにしてウェブではマーケティングを行なっていくことができます。
 

ウェブ集客のポイント

ウェブマーケティングを使用して成功させるためには
顧客のニーズを狙って
それに応じて対策を講じていくことになります。
 
顧客が離脱していく理由があるなら
それに応じて顧客が離脱していかないように
広告に工夫をすること、改善しても
その都度分析をしていくことが大事になります。
 

まとめ

このようにして、マーケティングを行なっていくことにより
顧客の数をアップさせることができます。
 
ウェブマーケティングには
ディスプレイやGoogleのサービスを活用することができますが
大事なのは
顧客のニーズに応えることができるように
ポイントをしっかり理解しておくことです。
このようにすることでマーケティングに成果を収めることができます。

【濱田将士のプロフィール】

濱田将士(HAMADA MASASHI

株式会社アドバンスシフト代表取締役社長。経営コンサルタント。集客コンサルタント。ビジネスモデルプロデューサー。

大学卒業後、日本最大級の経営コンサルティング会社である株式会社船井総合研究所に入社。その後、2013年に独立し、経営コンサルティング会社、株式会社アドバンスシフトを設立。

著書にアマゾンマーケティングランキング1位を獲得した10年後もつきあってくれる新規の顧客をゼロから育てるマーケティング(総合法令出版)』がある。

■コンサルティング実績

これまでに全国で161社の業績アップコンサルティング、61店舗の立ち上げプロデュースを行う。

フィットネス スイミング 介護施設 リサイクルショップ パチンコ お土産屋 旅館 家具屋 アパレルショップ 飲食 酒屋 ホテル 保険代理店 占い師 カウンセラー 経営コンサルティング業 エステティックサロン 病院 クリニック 歯科 カーディラー ネイルサロン ホットヨガスタジオ パーソナルジム コーチング 一般社団法人 放課後等デイサービス デイサービス リハ特化デイサービス 美容室など今までに33業種に携わる。

新規顧客獲得のコンサルティングを多数手がける。 対象とする企業は、年商3000万円規模の小企業から、東証一部上場企業まで幅広い。

濱田将士のコンサルティング

■ セミナー・講演実績

講演やセミナーで、毎年約500名以上の経営者に講演を行っている。経験に裏付けられ、事例を公開しながら伝える講演では、「やることが明確になった」「即効力がある」と大好評を得ている。

【講演実績】

HFJ2011様、HFJ2012様、HFJ2013様、HFJ2014様、岐阜県スイミングクラブ協会様、北陸スイミングクラブ協会様、北陸フィットネスクラブ協会様、北海道スポーツ連絡協会様、有限会社感動セールスサポート様、カルチャースクールアクロスモール守谷様、i-step株式会社様、SPORTEC2016、トヨタカローラ和歌山様、レイズワン様、株式会社メディケアソリューション様、桜泳スイミンググループ九州地区連絡協議会様、ジョンソンヘルステックジャパン株式会社様、SPORTEC2017WellnessLifeEXPO2017、日本スイミングクラブ協会様、株式会社ビジネスバンクグループ様、プレジデントアカデミー様、SPORTEC2018、SPORTEC WEST2018 などがある。

濱田将士の今後のセミナー予定

濵田将士へのセミナー・講演依頼

メディア

弊社では、取材受付やメディアへの寄稿などを積極的に行なっております。ぜひお声がけくださいませ。

主なマスコミ掲載履歴

  • フィットネスビジネス誌
  • クラブパートナー
  • NEWSポストセブン(掲載記事は、こちら
  • 日経MJ
  • THE21オンライン(掲載記事は、こちら
  • 日本スイミングクラブ協会 SC協ニュース
取材について問合せをする。