濱田です、
 
2019年になって、
早くも1ヶ月がすぎた。
 
私は、
4月からの新企画が走ることもあって、
すでに大方のスケジュールが埋まっている・・
 
と、いうことで
仕事のキャパを増やすことにした。
 
仕事のキャパって増やせるの?
ってことだが、結構簡単に増やせる。
 
これは、
自分の能力や時間管理とは別で
増やすことができる。
 
今日は、私が長年
仕事のキャパを増やすために
やってきた方法をシェアする。
 

手帳を変えれば、キャパは増える

最近は、
グーグルカレンダーや会社システムで
スケジュール管理をしている方が増えたと思う。
 
確かに他人とスケジュールを共有するならば、
クラウド管理がとても便利だと思う。
 
しかし、
仕事のキャパを増やそうと思ったら
それだけじゃ、足りない。
 
仕事のキャパを増やすためには、
スケジュールの管理だけでは足りない。
 
 
まず、仕事ができる人は、
自分の行動管理を3段階に分けている。
 

現在の行動管理

これは、まず日々のスケジュール管理。
○月○日、○時〜、〇〇会社@〇〇
みたいなものだ。
 

近未来の行動管理

これは、
キャパを広げるために
やるべき仕事を書く。
 
TODOリストである。
緊急と重要のマトリックスでいうと
緊急度が高くない、
重要なことである。
 
そう、
キャパを広げるためには、
まさにこれが大事で
重要度の高さは、高いもので
緊急度の低いものに
着手できるようにしなければならない。
 

長期視野での行動管理

そして、最後は
長期視野(ダイナミックゴール)の逆算行動だ。
 
これについて、
業績3倍プロジェクトのメンバーは、2018.07.16の
ウィークリーテレセミナーを聴いて欲しい。
 

手帳は、大きいものから始める

手帳は、最低限A5サイズから始めた方が良い。
それ以上になると、ノートサイズやA4サイズなどがある。
 
私は、最近A5サイズのシステム手帳を
自分なりにカスタマイズして使っている。
 
ノート、メモ、スケジュールを管理している。
 
ぜひ、仕事のキャパを増やそうと思う方は、
文具店に行って大きな手帳を購入することから
初めて見て欲しい。

【濱田将士のプロフィール】

濱田将士(HAMADA MASASHI

株式会社アドバンスシフト代表取締役社長。経営コンサルタント。集客コンサルタント。ビジネスモデルプロデューサー。

大学卒業後、日本最大級の経営コンサルティング会社である株式会社船井総合研究所に入社。その後、2013年に独立し、経営コンサルティング会社、株式会社アドバンスシフトを設立。

著書にアマゾンマーケティングランキング1位を獲得した10年後もつきあってくれる新規の顧客をゼロから育てるマーケティング(総合法令出版)』がある。

■コンサルティング実績

これまでに全国で161社の業績アップコンサルティング、61店舗の立ち上げプロデュースを行う。

フィットネス スイミング 介護施設 リサイクルショップ パチンコ お土産屋 旅館 家具屋 アパレルショップ 飲食 酒屋 ホテル 保険代理店 占い師 カウンセラー 経営コンサルティング業 エステティックサロン 病院 クリニック 歯科 カーディラー ネイルサロン ホットヨガスタジオ パーソナルジム コーチング 一般社団法人 放課後等デイサービス デイサービス リハ特化デイサービス 美容室など今までに33業種に携わる。

新規顧客獲得のコンサルティングを多数手がける。 対象とする企業は、年商3000万円規模の小企業から、東証一部上場企業まで幅広い。

濱田将士のコンサルティング

■ セミナー・講演実績

講演やセミナーで、毎年約500名以上の経営者に講演を行っている。経験に裏付けられ、事例を公開しながら伝える講演では、「やることが明確になった」「即効力がある」と大好評を得ている。

【講演実績】

HFJ2011様、HFJ2012様、HFJ2013様、HFJ2014様、岐阜県スイミングクラブ協会様、北陸スイミングクラブ協会様、北陸フィットネスクラブ協会様、北海道スポーツ連絡協会様、有限会社感動セールスサポート様、カルチャースクールアクロスモール守谷様、i-step株式会社様、SPORTEC2016、トヨタカローラ和歌山様、レイズワン様、株式会社メディケアソリューション様、桜泳スイミンググループ九州地区連絡協議会様、ジョンソンヘルステックジャパン株式会社様、SPORTEC2017WellnessLifeEXPO2017、日本スイミングクラブ協会様、株式会社ビジネスバンクグループ様、プレジデントアカデミー様、SPORTEC2018、SPORTEC WEST2018 などがある。

濱田将士の今後のセミナー予定

濵田将士へのセミナー・講演依頼

メディア

弊社では、取材受付やメディアへの寄稿などを積極的に行なっております。ぜひお声がけくださいませ。

主なマスコミ掲載履歴

  • フィットネスビジネス誌
  • クラブパートナー
  • NEWSポストセブン(掲載記事は、こちら
  • 日経MJ
  • THE21オンライン(掲載記事は、こちら
  • 日本スイミングクラブ協会 SC協ニュース
取材について問合せをする。