濱田です、   2019年になって、 早くも1ヶ月がすぎた。   私は、 4月からの新企画が走ることもあって、 すでに大方のスケジュールが埋まっている・・   と、いうことで 仕事のキャパを増やすことにした。   仕事のキャパって増やせるの? ってことだが、結構簡単に増やせる。   これは、 自分の能力や時間管理とは別で 増やすことができる。   今日は、私が長年 仕事のキャパを増やすために やってきた方法をシェアする。  

手帳を変えれば、キャパは増える

最近は、 グーグルカレンダーや会社システムで スケジュール管理をしている方が増えたと思う。   確かに他人とスケジュールを共有するならば、 クラウド管理がとても便利だと思う。   しかし、 仕事のキャパを増やそうと思ったら それだけじゃ、足りない。   仕事のキャパを増やすためには、 スケジュールの管理だけでは足りない。     まず、仕事ができる人は、 自分の行動管理を3段階に分けている。  

現在の行動管理

これは、まず日々のスケジュール管理。 ○月○日、○時〜、〇〇会社@〇〇 みたいなものだ。  

近未来の行動管理

これは、 キャパを広げるために やるべき仕事を書く。   TODOリストである。 緊急と重要のマトリックスでいうと 緊急度が高くない、 重要なことである。   そう、 キャパを広げるためには、 まさにこれが大事で 重要度の高さは、高いもので 緊急度の低いものに 着手できるようにしなければならない。  

長期視野での行動管理

そして、最後は 長期視野(ダイナミックゴール)の逆算行動だ。   これについて、 業績3倍プロジェクトのメンバーは、2018.07.16の ウィークリーテレセミナーを聴いて欲しい。  

手帳は、大きいものから始める

手帳は、最低限A5サイズから始めた方が良い。 それ以上になると、ノートサイズやA4サイズなどがある。   私は、最近A5サイズのシステム手帳を 自分なりにカスタマイズして使っている。   ノート、メモ、スケジュールを管理している。   ぜひ、仕事のキャパを増やそうと思う方は、 文具店に行って大きな手帳を購入することから 初めて見て欲しい。