前回の記事
自分も満足!お客様も納得!適正価格の簡単な出し方とは?その1では、
モニターを募集してそこから売れる最大価格を出す方法についてお伝えしました。

今回は、原価主義の話です。

まず、一つ売るのに、いくらかかっているのかを知ることです。
これは、売値主義は、最高金額を作るのに対して最低価格を設定するということです。
そう!
つまり、原価主義の最低金額と売値主義の最高価格の間で設定するのが
適正価格設定ってことです。
 
項目を掘り下げていくと

(A) 商品原価(仕入れ値)

100円の消しゴムを売るのに、
問屋から40円で仕入れていたら40円が原価ってこと。
 
主に販売業の方が関係ありますね。
サービス業だと0円の場合がほとんどですかね?
あとは、発送費とか会場があるなら会場費、交通費など・・・
 
さらに踏み込むと家賃や人件費も日割りにして追加するのもいいですね!
そして、これを購入予定人数で割ります。
それが一人当たり原価です。
 

(B) 一人当たりの獲得コスト

これがちょいむず。
簡単にいうと、1人に買ってもらうのに、
いくらの広告費を出したかってこと。
 
計算式としては、
総販促費用÷獲得人数=一人当たりの獲得コストです。
販促っていうのは、
チラシ、折り込み広告、CM、ネット広告、メルマガ広告、
フェイスブック広告など、様々なものが該当します。
もちろんお金をかけなければ、0円ということもありますね。
 

原価主義の算出方法

ここで(A) 商品原価と(B) 一人当たりの獲得コストを足します。
そうすると、
一つの商品が売れるのに、いくらお金がかかるかがわかりますよね。
 
ボクの最近の例でいうと、
あるセミナーをするので第一回目のプロモーションが終わったところで、
今回は費用をかけずに告知をしているので、
今のところやったのは、FAXDMで5万円くらい。
 
それで今50名くらいの集客。
 
総販促費用÷獲得人数=一人当たりの獲得コストなので、
5万円÷50人=1,000円です。
 
原価は、交通費、テキスト作成費用、会場費、宿泊費、など諸々足して15万円くらいです。(※人件費含まず。ボクの場合は、人件費を日割りするとセミナーが開催できませんw)
 
元々80名集客する予定だったので、
仮にきちんと80名集まるとしたら一人あたり原価が、
15万円÷80人=1,875円。
 
一人あたりの原価(1,875円)と一人あたり獲得コスト(1,000円)を足して、
ざっくり3,000円が絶対にかかるお金です。
 
もちろん、80名の予定が40名しか集まらなかったら、
3,000円の予定が6,000円になります。
 
こうやって目標人数とリスクを見ながら金額の最低金額を設定することを原価主義と言います。
リスクについては、目標の3割バージョンで作った方がいいかなと思います。
 
さて、今日はここまで。
次回は、続きです。
 
この記事の感想をぜひコメントに書いていただけると大変嬉しいです。

【濱田将士のプロフィール】

濱田将士(HAMADA MASASHI

株式会社アドバンスシフト代表取締役社長。経営コンサルタント。集客コンサルタント。ビジネスモデルプロデューサー。

大学卒業後、日本最大級の経営コンサルティング会社である株式会社船井総合研究所に入社。その後、2013年に独立し、経営コンサルティング会社、株式会社アドバンスシフトを設立。

著書にアマゾンマーケティングランキング1位を獲得した10年後もつきあってくれる新規の顧客をゼロから育てるマーケティング(総合法令出版)』がある。

■コンサルティング実績

これまでに全国で161社の業績アップコンサルティング、61店舗の立ち上げプロデュースを行う。

フィットネス スイミング 介護施設 リサイクルショップ パチンコ お土産屋 旅館 家具屋 アパレルショップ 飲食 酒屋 ホテル 保険代理店 占い師 カウンセラー 経営コンサルティング業 エステティックサロン 病院 クリニック 歯科 カーディラー ネイルサロン ホットヨガスタジオ パーソナルジム コーチング 一般社団法人 放課後等デイサービス デイサービス リハ特化デイサービス 美容室など今までに33業種に携わる。

新規顧客獲得のコンサルティングを多数手がける。 対象とする企業は、年商3000万円規模の小企業から、東証一部上場企業まで幅広い。

濱田将士のコンサルティング

■ セミナー・講演実績

講演やセミナーで、毎年約500名以上の経営者に講演を行っている。経験に裏付けられ、事例を公開しながら伝える講演では、「やることが明確になった」「即効力がある」と大好評を得ている。

【講演実績】

HFJ2011様、HFJ2012様、HFJ2013様、HFJ2014様、岐阜県スイミングクラブ協会様、北陸スイミングクラブ協会様、北陸フィットネスクラブ協会様、北海道スポーツ連絡協会様、有限会社感動セールスサポート様、カルチャースクールアクロスモール守谷様、i-step株式会社様、SPORTEC2016、トヨタカローラ和歌山様、レイズワン様、株式会社メディケアソリューション様、桜泳スイミンググループ九州地区連絡協議会様、ジョンソンヘルステックジャパン株式会社様、SPORTEC2017WellnessLifeEXPO2017、日本スイミングクラブ協会様、株式会社ビジネスバンクグループ様、プレジデントアカデミー様、SPORTEC2018、SPORTEC WEST2018 などがある。

濱田将士の今後のセミナー予定

濵田将士へのセミナー・講演依頼

メディア

弊社では、取材受付やメディアへの寄稿などを積極的に行なっております。ぜひお声がけくださいませ。

主なマスコミ掲載履歴

  • フィットネスビジネス誌
  • クラブパートナー
  • NEWSポストセブン(掲載記事は、こちら
  • 日経MJ
  • THE21オンライン(掲載記事は、こちら
  • 日本スイミングクラブ協会 SC協ニュース
取材について問合せをする。