一歩抜け出す仕事術とは

コンサルティング先で『どうすれば今よりも進化できますか?』とか『ハマダさんは、何をしていますか?』とよく聞かれます。ここでは、そう言った内容について私が実際にやっていることや工夫についてシェアいたします。参考になれば、嬉しいです。ぜひいいな!と思ったら実践してみてくださいね!₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾
第一話:なぜ、一歩抜け出せないのか?その根本的な原因とは…

抜き出るためには、まずはインプットを増やす。

他人よりもいい結果を出すためには、行動の変化が大切ですよと言う話を前回いたしました。行動は、アウトプットになりますからアウトプットの量を増やそうとするならインプットの量を増やすしかありませんし、アウトプットの質を高めるならインプットの質を高めるしかないわけです。なので、一歩抜け出すためには、インプットを強化する必要があります。

マインドセットは、10倍インプット

どれくらいインプットを増やせばいいですか?と言う話ですが、10倍です。10倍インプットすれば確実に進化できます。ただし10倍インプットするのが、なかなか至難です。インプットの量を10倍にすることは、できないので、まずは質を5倍にしてそれから量を3倍にします。そうすれば15倍になります。そこからサボっても10倍を担保できると言うことです(笑)何事も必死にならないことが重要です。(※必死になると、必ず死にます)

インプットの質を5倍にするスキル

まず、何の分野のインプットをするか分野を3つに絞ります。それも優先順位の高い順に3つです。4番目以降は切り捨てます。必要ないと言うことです。
私の場合は、(2018年7月現在)
1、小規模マーケティング
2、脳科学
3、ライティング
となります。
このように3つに分野を絞って、アマゾンで分野に関する本を最低でも10冊以上購入します。この時に3分野×10冊で30冊届いてしまうと、本棚に直行するかアマゾンダンボールから出さないでしょうから、優先順位1位の分野の本を10冊買って目につくところに3冊ずつ3箇所に置きます。そして一冊を普段のカバンにINします。
この時に大切なのは、なるべき簡単な本を購入することです。ついつい難しい本を買いがちですが、難しい本なんて読みませんから、読まない本=無駄なのです。ですから読めるレベルの本を購入するようにしてください。

インプットの量を3倍にするスキル

質に関しては、OKですよね!?次は量を3倍にする方法ですが、面白くない!と思ったら次に本に行くことです。面白くないなー難しいなーと思いながら本を読むのは、無駄です。頭に入ってきませんから。脳の構造で拒否状態では、入ってこないのですよ。「そんなことしたら本を買ったお金が勿体無い」と思われるかもしれませんが、本なんて所詮1,400円です。1,400円なんてどっかで2時間バイトしたら取り戻せるような金額です。それよりも、時間と労力が勿体無いです。
時間も労力も、無限ではありません。限りなく少ない有限なのです!₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾

【濱田将士のプロフィール】

濱田将士(HAMADA MASASHI

株式会社アドバンスシフト代表取締役社長。経営コンサルタント。集客コンサルタント。ビジネスモデルプロデューサー。

大学卒業後、日本最大級の経営コンサルティング会社である株式会社船井総合研究所に入社。その後、2013年に独立し、経営コンサルティング会社、株式会社アドバンスシフトを設立。

著書にアマゾンマーケティングランキング1位を獲得した10年後もつきあってくれる新規の顧客をゼロから育てるマーケティング(総合法令出版)』がある。

■コンサルティング実績

これまでに全国で161社の業績アップコンサルティング、61店舗の立ち上げプロデュースを行う。

フィットネス スイミング 介護施設 リサイクルショップ パチンコ お土産屋 旅館 家具屋 アパレルショップ 飲食 酒屋 ホテル 保険代理店 占い師 カウンセラー 経営コンサルティング業 エステティックサロン 病院 クリニック 歯科 カーディラー ネイルサロン ホットヨガスタジオ パーソナルジム コーチング 一般社団法人 放課後等デイサービス デイサービス リハ特化デイサービス 美容室など今までに33業種に携わる。

新規顧客獲得のコンサルティングを多数手がける。 対象とする企業は、年商3000万円規模の小企業から、東証一部上場企業まで幅広い。

濱田将士のコンサルティング

■ セミナー・講演実績

講演やセミナーで、毎年約500名以上の経営者に講演を行っている。経験に裏付けられ、事例を公開しながら伝える講演では、「やることが明確になった」「即効力がある」と大好評を得ている。

【講演実績】

HFJ2011様、HFJ2012様、HFJ2013様、HFJ2014様、岐阜県スイミングクラブ協会様、北陸スイミングクラブ協会様、北陸フィットネスクラブ協会様、北海道スポーツ連絡協会様、有限会社感動セールスサポート様、カルチャースクールアクロスモール守谷様、i-step株式会社様、SPORTEC2016、トヨタカローラ和歌山様、レイズワン様、株式会社メディケアソリューション様、桜泳スイミンググループ九州地区連絡協議会様、ジョンソンヘルステックジャパン株式会社様、SPORTEC2017WellnessLifeEXPO2017、日本スイミングクラブ協会様、株式会社ビジネスバンクグループ様、プレジデントアカデミー様、SPORTEC2018、SPORTEC WEST2018 などがある。

濱田将士の今後のセミナー予定

濵田将士へのセミナー・講演依頼

メディア

弊社では、取材受付やメディアへの寄稿などを積極的に行なっております。ぜひお声がけくださいませ。

主なマスコミ掲載履歴

  • フィットネスビジネス誌
  • クラブパートナー
  • NEWSポストセブン(掲載記事は、こちら
  • 日経MJ
  • THE21オンライン(掲載記事は、こちら
  • 日本スイミングクラブ協会 SC協ニュース
取材について問合せをする。