一歩抜け出す仕事術とは

コンサルティング先で『どうすれば今よりも進化できますか?』とか『ハマダさんは、何をしていますか?』とよく聞かれます。ここでは、そう言った内容について私が実際にやっていることや工夫についてシェアいたします。参考になれば、嬉しいです。ぜひいいな!と思ったら実践してみてくださいね!₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾ 第一話:なぜ、一歩抜け出せないのか?その根本的な原因とは… 第二話:10倍インプットの極意 第三話:インプット(知識)をアウトプット(知恵)に変換する方法

『時間がない』って、永遠不滅だよね!

何かを新しくするときに、「時間がないんです」って言う人、少なくないよね!でも残念ながら一般的には、1日は24時間だし、一年は365日なんですよね。だから時間がないって言うのは、今の時間の使い方をしている限り永遠に消えない悩みなんだよね。でも安心してほしんだけど、大丈夫!時間は増やせるから!₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾ 今日は、その時間の増やし方ね!

『時間がない』の本音

そもそも「時間がない」って言うのは、本当の理由(本音)では、ないことが多いよね。「時間がないんです」って言うと、あ、そっか!ってみんなが共感してくれそうだから使ってるだけで、本音は別。つまり、時間がないなんて、真っ赤な嘘。そうでしょ?ドキッとするでしょ?(爆) じゃあ、本音は何かっていうと、色々あると思うんだけど・・・ テンションが上がっていないってことだと思うんだよね。これ「お金がない」も一緒ね。テンションが上がったら誰がなんと言おうともやるじゃん!例えば、友達のサーファーは、時間がないって言いながらよくサーフィンしてる。私は、早朝から遅くても9時には海を上がって仕事をするんだけど、その友達は、9時に海に入ってくる。海の音が入らないように仕事の電話をしながら「すみません、ちょっと忙しくて・・・」ってやっている。他にも、ウエットスーツの内側にポケットをオーダーで取り付けてジップロックに入れたスマホを入れながらサーフィンをしている人もいる。波待ちしながら、どれだけいい波が来ていても、電話を優先している姿に頭がさがる。 こんなの例をだし始めれば、キリがないけど、「時間がない」と言いながら飲みに行ってる人、彼女とラブラブしている人など・・・ つまりね、人の価値観での優先順位として”それ”を優先するほどのテンションが上がっていません。ってことなんだよね。 お金の話だとわかりやすいかもしれない。例えば、10万円の勉強会に参加するお金はありません。という人が、海外旅行に行ってたりする。これもお金がないんじゃないんだよね。贅沢だけではないよ、だいたいみんな自分の趣味趣向には、時間もお金も使うんだよね。酒と博打と女?っていうよね?あれ?言わない?しない?しないよね。私はしないよ₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾

そもそも優先順位なんて意識して変えるものではない。

「頑張る」「意識する」「努力する」なんて全部ナンセンス。だって好きだったら、そんなことしなくてもやっちゃうでしょ?このやっちゃうってのが、大事。これからは、内発的モチベーションの時代だからね! 内発的モチベーションっていうのは、”自分のやりたい!”なんだよね!これに似てるけど全然違うのが、”やらなきゃいけない”なんだよね。やらなきゃいけないよりも、やりたいの方が何倍も強い!だから、自分が何をやりたいのかを突き詰めた方がいいんだよね! 何がやりたいのかってね、なかなか出てこないし、考えたら大変だよね。私でも四年くらいかかった。でもね、熟考すれば、熟考を重ねれば、見えてくるからそこには、投資した方がいいと思うんだよね!もちろんやりたければだけどね!₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾