会社概要

社名:株式会社アドバンスシフト

事業内容:経営コンサルティング、集客コンサルティング、ビジネスデザイン構築、セミナー開催、会員運営

本社:547-0027 大阪府大阪市平野区喜連2-5-6-402

設立:2013年12月

資本金:2,000,000円

役員:代表取締役 濱田将士

取引銀行 : 関西アーバン銀行 平野支店

当社の特徴

創業以来、アドバンスシフトは、経営と集客の研究と経験を重ねてきています。

アドバンスシフトならではともいえる特徴を、いくつかご紹介いたします。当社をお選びいただく検討材料としていただければ幸いです。

経営改善と集客するための工夫

濱田将士のコンサルティングは「なるほど!」ではなく、「よし、顧客が増えて、順調だ!」という結果が求められます。

その結果を求めて、現状の分析、戦略・戦術の企画立案、現場でやり切れる実行計画、試行錯誤へのフォローなどを提供していきます。

特に好評なのが、具体的で、現実的で、実践が可能である事です。

私は、「アドバイス通りにやらなかった御社が悪い」という言い訳はしません。期限内・予算内・現実的・実践可能なアドバイスこそが求められているからです。

だからこそ、期待どおりの結果へと近づくことが出来ます。

よって、技量的、資金的、時間的に無理なアドバイス・助言はありません。

また、【助言・コンサルティング】、【幹部研修】、【現場スキル研修】、【添削】と、結果を出すために必要なことは、ほとんど提供しています。

過去の膨大な事例・資料をケース事例として保管

弊社の資料棚には、『成功事例&失敗事例』『ビフォーアフター事例』などは、どれだけあるのか?

過去の実績で、のべ2千回を超えるコンサルティング実績があります。そのなかには、大企業、有名企業も多数含まれますが、年商数百万円単位の個人事業主なども含まれるため、社内には膨大な数の成功事例・失敗事例をはじめとする資料があります。(ただし、守秘義務契約により破棄するものも多くあります)

特に、作成したチラシをはじめとする販促物は、ファイルが何冊にもなってそれだけで壁が埋まるほどの量です。だからこそ、クライアント毎に、具体的な事例や、ツール類を事例として提供することができます。

 そうしたサンプル事例資料をコンサルティング時に提供できるのも、当社が「結果が早く出せる」「分かりやすい」「具体的」「実践しやすい」という評価をいただけている理由のひとつです。

あらゆる業務に対応できます

アドバンスシフトに寄せられるご相談には、以下のようなものがありますが、実際に関わってきたものだけでも、以下のようなものがあります。

1.集客して売上を増やしたい。

2.特定業界に新規参入したい。

3.出店したい。

4.リニューアルしたい。

5.業界に業者として参入したい。

6.フランチャイズ(本部)を始めたい。

7.新事業を始めたい。

8. 研修してほしい。

これらの業務に対して適切に対応いたします。弊社には、社内外における業界のネットワークがありますので、要件によって最適で最高のチームを構築し、業務に対応いたします。

確かな知識と圧倒的な経験の土台

濱田は、株式会社船井総合研究所での勤務時代に、1から業界のコンサルティング分野を立ち上げました。

船井総研とは、国内最大級の経営コンサルティング会社です。

そこでマーケティングの基本理論や知識を徹底的に学びました。

そして、実際のコンサルティングの現場で、どうすれば入会数が増えるのか?

それを試行錯誤しながらノウハウを確立しました。

濵田のコンサルティングは、船井総研で身につけた確かな知識とコンサルの現場での圧倒的な経験が土台となっております。

講演・セミナーアンケートで満足度94%を獲得しています

アドバンスシフトは、特定多数の方に提供している企業研修、自社開催セミナーのほか、不特定多数の方に提供している講演や勉強会なども行っています。いずれの機会でも、可能な限りアンケートへのご記入をお願いしていますが、その評価は総じて高く、集計したところ94%以上の「期待以上」「満足」「大満足」という評価を頂戴しています。

こちらは、保管しておりますので、講演主催者様や勉強会主催者様からの要請がああれば、いつでも御覧に入れることができます。

広範囲にわたる人脈があります

コンサルティング業を開始して10年以上になりますので、相応の人脈があります。

企業、団体、マスコミ各社、制作会社、ライターをはじめ、様々な人脈があります。

また、マーケティングやセールス分野ではカバーしきれないエキスパート(M&A、ベンチャーキャピタル、公認会計士、弁護士、弁理士、司法書士、税理士、社会保険労務士)をご紹介することも可能です。

守秘義務を順守

電話相談・メール相談のクライアントさんには、同じく弊社のクライアント企業さんへの事例共有をお願いすることもありますが、個別・面談コンサルティングのクライアント様には、(ご希望であれば)NDA(Non Discloging Agreeent:守秘義務契約)を締結しています。

ただし、仮に実名・匿名での事例公開・声の紹介にご快諾頂くことが出来ても、御社のビジネスを台無しにする事はしません。たとえ許可が得られても顧客の不利になるような情報は一切公開しません。

また、事例として他クライアントさんにご紹介させていただく際には、電話番号や会社名、商圏などをマスキングして、紹介することがほとんどです。

個人情報の保護や、機密資料の取り扱いに気を配っています

必要以上の個人情報を取得することを避けつつ、個人情報が記載された書類を残さないよう心がけています。

大型のシュレッダーを完備していますので、確実に破棄するなど、個人情報や顧客情報の保護にも力を入れています。また、クライアント企業からお預かりした秘匿資料は、暗号化したストレージ内に保存をするなど、情報流出の防止にも最大限の努力と工夫を講じています。