濱田です!こんにちは! 元気ですか? はい、元気ですねー! 先日、一流のアイスコーヒーをいただいた時の気づきをシェアします。   まず、300円くらいのアイスコーヒー 300円ってトクダン安いって訳でもありませんが・・・ あくまでホッと一息つく程度で、美味しさを求めている訳でもなければ、クオリティを求めている訳でもありません。他に飲むものがないからコーヒーをチョイスして、時間を過ごすため・仕事場所を確保するためのアイテムです。 次に、これ。1300円ほどのコーヒーです。これは、大阪のリーガロイヤルホテルのメインラウンジです。このラウンジは、とにかく空間が最高で、もっとも好きなリラックススペースの一つです。 この1,000円ほどの差・・・どこにあるのか?場所代?と思いがちですが、このコーヒー・・300円と1,300円全く別物です。 全然、味が違う!味のクオリティは、10倍以上違います。本当に、美味しい!珍しく時間をかけてコーヒーを楽しみました。普通、アイスコーヒーって段々美味しさが半減します。氷で味が薄まるからです。 でもこのコーヒーは、ずっと美味しかった。 最後に理由がわかりました。 なるほど!氷もコーヒーで作られています。ここまでこだわったコーヒー。 クオリティも満足度もMAX!こうして細部にこだわって一流は、作られるのです。 素晴らしいの一言ですね。   これからも一流の仕事にドンドン触れていきましょうね!   ちなみに、僕が飲んだ人生最高のコーヒーは、同じくリーガロイヤル大阪で限定で出していた世界一のコーヒーです。あの一杯2,500円は、本当に最高だったなー。