HUBLOTと言う時計メーカーをご存知でしょうか?スポーツ選手、芸能人などの一流の方々を魅了する時計メーカーです。。今回は、その時計メーカーのHUBLOTを題材に、商品づくりについて触れてみたいと思います。

HUBLOTとは

1979年、ニヨンでイタリアの時計・宝石メーカービンダグループ(英語版)創業者一族のカルロ・クロッコ(Carlo Crocco )により創立。翌1980年に従来はなかった金及びステンレスのケースと天然ゴムのラバーベルトとを組み合わせた腕時計「クラシック」でバーゼルデビュー。当初スイスの時計業界からは異端扱いされたものの、イタリアのファッション界で受け入れられたのを皮切りにヨーロッパの王族などへ次第に支持を広げていく。なお、機械式時計より衝撃に強いという理由から当初のモデルはすべてクォーツ時計だった。また、ラバーベルトはカット不可であり、客は店で複数用意されたベルトの中から自分の腕に合ったサイズのベルトを選ぶ必要があった(現在はバックルの改良により解消されている)。

しかし、コレクションが限られていたこと、機械式時計を避けていたことなどが災いして経営難に陥り、2004年にブランパンの再建を手掛けたジャン=クロード・ビバーがCEOに就任し、翌2005年から『フュージョン(融合)』のコンセプトの元、異なる素材を組み合わせた「ビッグ・バン」シリーズを発表、現在まで続く主力商品となる(この時初めて機械式時計を採用した)。2008年にクロッコはチャリティー活動に専念するためにLVMHに会社を売却[1]。2010年には自社製ムーブメントUNICOを開発。ビバーは2012年に会長に就任し、リカルド・グアダルーペがCEOに就任して現在に至る。さらに、第一作を発展継承させた薄型の「クラシック・フュージョン」(旧・「トラディション」)も主力の一つとなっている。

F1( – 2012年)、FIFAワールドカップ、UEFA EURO、ICCクリケット・ワールドカップの公式タイムキーパー、世界野球ソフトボール連盟のオフィシャルスポンサーなど、スポーツ大会を多く支援している。2014 FIFAワールドカップではウブロのロゴが入った腕時計をデザインした交代選手ボードが使用された。

2010年にはF1界のドン、バーニー・エクレストンを(それも強盗事件により同社の時計を奪われた直後で、右目に青あざが残る状態で)自社の広告に登場させ話題を呼んだ[3]。

2011年からはフェラーリと提携し、コラボレーションモデルを発表している[4][5]。

現在ではアイルトン・セナ[6]、蜷川実花[7]、荒井俊介、香川真司[8]、ウサイン・ボルト[9]、ディエゴ・マラドーナ[10]らとのコラボレーション・モデルを発表している。2014年にはブランドアンバサダーとしてペレを起用している[11]。

出典:ウィキペディア

つまり、1979年にできた時計メーカーで、2004年にジャン=クロード・ビバーさんと言うすごい方がCEOに就任し、たった1年でビッグバンと言う大当たり商品を作って大成功し、2008年にUNICO(ウニコ)と言う自社製ムーブメントを作った会社ってことです。

僕としては、今まで、職人としてのこだわりやブランドとしてのロマンに惹かれて様々な腕時計を購入してきたが、今回のHUBLOTは自分でも無縁と思っていました。HUBLOTに何も魅力を感じていなかったのです。

まず、HUBLOTについて事前知識を持っていたのは、かっこいい流行時計であると言うことです。”マーケティングが上手な会社で一気に知名度をあげた会社のかっこいい時計”くらいに思っていて、例えばこれに150万円出すならもう少し上乗せして、ピゲのオフショアダイバーを買おうと思ってしまいました。

さらにウブロに200万・300万円出すならアレを・・・といろんな妄想シミュレーションをしていても、HUBLOTを購入することは、選択肢にありません。つまり、僕自身は、画面や写真で見るHUBLOTに対して職人としてのこだわりもブランドとしてのロマンも感じていなかったのです。

興味を持った最初のきっかけ

美しいウニコムーブメント

転機は、お世話になっているH社長が、HUBLOTの新作(ウニコ)を購入したこと。ウニコとは、HUBLOTが独自開発(マニュファクチュール、ネジの1本から完成に至るまでの製作工程やパーツ作成に至るまでの全てが自社完結のもの)したオリジナルのムーブメントで、とにかく仕上げが綺麗です。

スケルトンの文字盤からその美しさが見え、本当にかっこいい時計です、しかし金額が・・・(汗)

僕は、時計のパーツで何が一番好きかと言うと、ムーブメントなのです。つまり精密機械の部分にロマンを感じている!ウニコは、とにかくムーブメントが美しい!

ここからウニコの美しさに心惹かれて、HUBLOTの情報を取得し始めたのです。

HUBLOTを外見だけの奴と勝手に評価

すっかり流行が落ち着いたHUBLOT。相場もかなり落ち込み中。(購入するならここもいいタイミング!)そこで当時の流行の起爆剤となったBIGBANGと言うモデルについてリサーチ・・すると通常(自社製ムーブメントのウニコが搭載されていない)のビッグバンには、ETAと言うムーブメント専門の会社のムーブメントが使われいることを知りました。

ETA社のムーブメントは、多くの会社が使っています。代表的なところでは、フランクミュラー、オメガ、シャネル、ブルガリなど。これらの会社のムーブメントには、安い汎用品が使われているものがあるのです。

つまり、ETA社の汎用性のムーブメントを使われている時計の多くは、外見だけよくて中身が残念なものが多いと言う感じの印象があります。だからHUBLOTのビッグバンに対する僕の感想は、「外見豪華で中身安物の外的思考時計ね」と言うことでした。

そしてこの感想を同じく時計好きな友人とそんな話題で話しました。

僕「結局、ビッグバンは、ガワ時計(外見だけの時計の意味)だよね。」

友人「それって、ETAのこと言っている?」

僕「そうそう、もうちょっといいもの使っていると思っていたよ」

友人「あー・・・それは、随分ダサい見方だね。僕は、ハマちゃんらしい時計だと思うよ」

僕「・・・???」

友人「ETAをかなりカスタムしていて、精度が恐ろしく高い。もはや本物レベルまで昇華させてるよ」

僕「まじ?」

友人「マジだよ。」と言って、写真を一枚、ビッグバンが手首に巻かれた写真だった。

彼は、僕以上に時計に求めるこだわりとロマンが強く、その意味でとても時計選びの価値観を共有しています。その彼がすでにビッグバンを所有し、褒めていたのでした。

そして彼がハマちゃんらしいと言った点は、「あるものを工夫して新しいものに進化させていくまさにTTP(徹底的にパクる、綺麗な言葉で言う守破離)を実践して本物を作り上げた会社だよ」と言うことらしく、納得!!

それから、相場の話や、今後の話をして、大体いくらで手に入るか、どれくらいだったら買いかの情報交換をしました。

そして、そのあと僕が懇意にしている時計のプロに、〇〇円で、HUBLOTビッグバン、色、状態、保証の条件を伝えました。すると後日、連絡が・・・(こんな話は、さておき・・)

汎用性のあるものをカスタマイズして本物にしてしまう商品づくり

汎用性のあるものを使って利益をあげる会社がある一方で、それをカスタマイズし、もはや本物と呼べるレベルにしてしまう会社もあります。

高級時計の中にも、3つの分類がある

1、汎用性ムーブメントで利益を確保する時計

例えば、腕時計で言えば、先述したフランクミュラー、オメガ、シャネル、ブルガリなどがそれにあたります。もちろん高級時計には、それなりのムーブメント(エルプリメロなど)や、自社のオリジナルのムーブメントを使用していますが、参入モデル(と、言っても高い!)には、汎用性のものを利用して、利益率を確保しているのです。

2、マニュファクチュールの高級時計

世界三大時計や雲上時計などと呼ばれるパテックフィリップ、オーデマピゲ、ヴァシュロンコンスタンタンは、そう言った妥協を一切していない。全てマニュファクチュールで製作している。原価が高いから商品も高い。それは、とても納得できるし、それに価値を感じる方が購入するのです。

3、汎用性のあるものをカスタマイズし、もはや本物と呼べるレベルの時計

自身のこだわりやロマンと利益確保を目的としたそろばんを両立させるために汎用性のあるものを納得できる形までカスタマイズして、世に出すと言う時計です。時計ではHUBLOTのビッグバンに搭載されているムーブメントやチュードル、IWC、ブライトリングといった時計にもこのようなこだわりがみられます。

汎用性のあるものをカスタマイズする意味

なぜ自社製ムーブメントの前に汎用性のあるものを使うのか、それには開発費と言う壁があります。オメガがコーアクシャルと言う自社製ムーブメントの開発にかかった開発費は100億円以上と言われています。つまりコストと期間をかけても回収できないことすらあると言うことです。

濱田の視点

この知識から言えることは、なんでもかんでも自社開発にこだわる必要はないと言うことです。これほど経済やものの共有、国内ライフサイクルが進んでいる中で、今までになかった0ベースの発明品を創造することは、費用と時間ロスがありえる!それならば、今すでにあるものや商品をカスタマイズして、お客さん視点で精度を高めて本物と呼ばれるレベルまで引き上げた方がいいと言う見方もありますよね。と言うことです。

つまり、商品づくりのヒントって0からアイデアを待つことだけではなく、今近くにあるものをカスタマイズすることでもっと気軽にできるようになりますし、そんなことができる日本って素敵ですよね!と、言うお話でした。

【濱田将士のプロフィール】

濱田将士(HAMADA MASASHI

株式会社アドバンスシフト代表取締役社長。経営コンサルタント。集客コンサルタント。ビジネスモデルプロデューサー。

大学卒業後、日本最大級の経営コンサルティング会社である株式会社船井総合研究所に入社。その後、2013年に独立し、経営コンサルティング会社、株式会社アドバンスシフトを設立。

著書にアマゾンマーケティングランキング1位を獲得した10年後もつきあってくれる新規の顧客をゼロから育てるマーケティング(総合法令出版)』がある。

■コンサルティング実績

これまでに全国で161社の業績アップコンサルティング、61店舗の立ち上げプロデュースを行う。

フィットネス スイミング 介護施設 リサイクルショップ パチンコ お土産屋 旅館 家具屋 アパレルショップ 飲食 酒屋 ホテル 保険代理店 占い師 カウンセラー 経営コンサルティング業 エステティックサロン 病院 クリニック 歯科 カーディラー ネイルサロン ホットヨガスタジオ パーソナルジム コーチング 一般社団法人 放課後等デイサービス デイサービス リハ特化デイサービス 美容室など今までに33業種に携わる。

新規顧客獲得のコンサルティングを多数手がける。 対象とする企業は、年商3000万円規模の小企業から、東証一部上場企業まで幅広い。

濱田将士のコンサルティング

■ セミナー・講演実績

講演やセミナーで、毎年約500名以上の経営者に講演を行っている。経験に裏付けられ、事例を公開しながら伝える講演では、「やることが明確になった」「即効力がある」と大好評を得ている。

【講演実績】

HFJ2011様、HFJ2012様、HFJ2013様、HFJ2014様、岐阜県スイミングクラブ協会様、北陸スイミングクラブ協会様、北陸フィットネスクラブ協会様、北海道スポーツ連絡協会様、有限会社感動セールスサポート様、カルチャースクールアクロスモール守谷様、i-step株式会社様、SPORTEC2016、トヨタカローラ和歌山様、レイズワン様、株式会社メディケアソリューション様、桜泳スイミンググループ九州地区連絡協議会様、ジョンソンヘルステックジャパン株式会社様、SPORTEC2017WellnessLifeEXPO2017、日本スイミングクラブ協会様、株式会社ビジネスバンクグループ様、プレジデントアカデミー様、SPORTEC2018、SPORTEC WEST2018 などがある。

濱田将士の今後のセミナー予定

濵田将士へのセミナー・講演依頼

メディア

弊社では、取材受付やメディアへの寄稿などを積極的に行なっております。ぜひお声がけくださいませ。

主なマスコミ掲載履歴

  • フィットネスビジネス誌
  • クラブパートナー
  • NEWSポストセブン(掲載記事は、こちら
  • 日経MJ
  • THE21オンライン(掲載記事は、こちら
  • 日本スイミングクラブ協会 SC協ニュース
取材について問合せをする。