こんにちは!濱田です、

KKDという言葉をご存知でしょうか?

 

これは、売上を下げる要因になるキーワードなので、

注目すべきと言えます。

 

KKDとは?

「KKD」は「経験(KEIKEN)、勘(KAN)、度胸(DOKYOU)」

の頭文字を取ったもので、製造業を中心に、

職人技として昔から続いている管理手法なのですが、

 

これ、超一流の職人さんがするならわかります。

 

例えば、

スペースシャトルの先端部分の

凸凹をチェックするのに、

日本人の職人さんが手で触って確認します。

 

先日聞いた話だと、

大型天体レンズの凸凹も

先端の職人さんが手触りで確認するみたいです。

 

職人の世界には、ロマンを感じますね!

 

でも、これ、

今の時代のビジネスに当てはまるかと言えば、

ノーですね。

 

超一流の職人だったら『経験・勘・度胸』で

最高のパフォーマンスができますが、

 

大体の場合は、失敗します。

 

上司に、

「いや、これこのほうがいいんじゃない?」

「きっとこうだと思うよー」

の結果、失敗する。これもKKDですね。

 

例えば、判断を間違えられない医療現場では、

「EBM」(Evidenced Based Medicine)という言葉が普及しています。

 

これは「現時点で科学的・統計的にもっとも確からしいと考えられる医療行為を患者に対して提供すること」という意味です。

 

医療現場では、

科学的で統計的に有効なデータを用いて意思決定をすることが求められているのです。

 

このような視点がビジネスにおいても必要な時代です。

これからのKKD

最近では、一流の大企業で

KKDを「仮説・検証・データ」と

教育しているようです。

 

が、中小企業では、

仮説もできなければ、

検証も曖昧だし、

データを正しくとる知識もないのが現状です。

 

そもそも集めても

使えなければ、意味がないですからね。

 

今日、言いたいのは、

根拠なき行動は、リスク大。

と、いうことです。

 

中小企業と大企業の差って

ここだと思うのです。

 

まず、

家業と企業の違いは、

社会人としての基本動作の徹底度合い。

つまり、教育。

 

そして、

中小企業と大企業の差は、

行動の根拠づけの有無です。

 

会社を大きくしたいなら、

KKDは、

経験・勘・度胸ではなく、

仮説・検証・データに切り替えて

その教育を幹部研修で始めること。

 

ですね!!

【濱田将士のプロフィール】

濱田将士(HAMADA MASASHI

株式会社アドバンスシフト代表取締役社長。経営コンサルタント。集客コンサルタント。ビジネスモデルプロデューサー。

大学卒業後、日本最大級の経営コンサルティング会社である株式会社船井総合研究所に入社。その後、2013年に独立し、経営コンサルティング会社、株式会社アドバンスシフトを設立。

著書にアマゾンマーケティングランキング1位を獲得した10年後もつきあってくれる新規の顧客をゼロから育てるマーケティング(総合法令出版)』がある。

■コンサルティング実績

これまでに全国で161社の業績アップコンサルティング、61店舗の立ち上げプロデュースを行う。

フィットネス スイミング 介護施設 リサイクルショップ パチンコ お土産屋 旅館 家具屋 アパレルショップ 飲食 酒屋 ホテル 保険代理店 占い師 カウンセラー 経営コンサルティング業 エステティックサロン 病院 クリニック 歯科 カーディラー ネイルサロン ホットヨガスタジオ パーソナルジム コーチング 一般社団法人 放課後等デイサービス デイサービス リハ特化デイサービス 美容室など今までに33業種に携わる。

新規顧客獲得のコンサルティングを多数手がける。 対象とする企業は、年商3000万円規模の小企業から、東証一部上場企業まで幅広い。

濱田将士のコンサルティング

■ セミナー・講演実績

講演やセミナーで、毎年約500名以上の経営者に講演を行っている。経験に裏付けられ、事例を公開しながら伝える講演では、「やることが明確になった」「即効力がある」と大好評を得ている。

【講演実績】

HFJ2011様、HFJ2012様、HFJ2013様、HFJ2014様、岐阜県スイミングクラブ協会様、北陸スイミングクラブ協会様、北陸フィットネスクラブ協会様、北海道スポーツ連絡協会様、有限会社感動セールスサポート様、カルチャースクールアクロスモール守谷様、i-step株式会社様、SPORTEC2016、トヨタカローラ和歌山様、レイズワン様、株式会社メディケアソリューション様、桜泳スイミンググループ九州地区連絡協議会様、ジョンソンヘルステックジャパン株式会社様、SPORTEC2017WellnessLifeEXPO2017、日本スイミングクラブ協会様、株式会社ビジネスバンクグループ様、プレジデントアカデミー様、SPORTEC2018、SPORTEC WEST2018 などがある。

濱田将士の今後のセミナー予定

濵田将士へのセミナー・講演依頼

メディア

弊社では、取材受付やメディアへの寄稿などを積極的に行なっております。ぜひお声がけくださいませ。

主なマスコミ掲載履歴

  • フィットネスビジネス誌
  • クラブパートナー
  • NEWSポストセブン(掲載記事は、こちら
  • 日経MJ
  • THE21オンライン(掲載記事は、こちら
  • 日本スイミングクラブ協会 SC協ニュース
取材について問合せをする。